体感型アフリカツアー

2021年2月16日


 

 

 

▶1.内容

アフリカ難民キャンプ×スタディツアー トークライブ!
アフリカ紛争問題ジャーナリスト 大津司郎氏×拓殖大学国際学部教授 甲斐信好氏コンビふたたび!!!

2005年に始まったアフリカスタディツアー。
今回は、お二人がスタディツアーで訪問してきた場所のなかで、
【アフリカ難民キャンプ】にフォーカスを当て、
お二人が見てきたアフリカ難民キャンプのリアルに迫ります。

アフリカ難民キャンプ取材体験や、
アフリカ難民キャンプの問題点、
お二人が訪問した難民キャンプのエピソード等を
お話しいただきます。

・難民問題の背景にあるアフリカ紛争
・アフリカ難民キャンプで生きる人々は、どのように毎日を生き抜いているのか。
・甲斐信好氏がケニアで渡された「ある紙」。そこに書かれていた内容とは…?
・アフリカ難民キャンプのジェンダー問題。難民キャンプに貼られていたポスターの内容から。
・アフリカ難民キャンプのコミュニティとは。
・ウガンダが難民を多く受け入れる理由
etc.

アフリカ難民の一端を知り、
“アフリカ難民”から何を学ぶか、何を感じ取るかーー

 

 

 

▶参加チケット/参加方法

 

①ZOOM参加 : 1,000円(1アカウントにつき)

 

 

②YouTube Live 配信視聴 : 1,000円

 

③リアル会場参加 : 2,500円(当日現地会場払い) 限定枚数

 

 

————————————————————————-

①ZOOM参加の方
1.Peatixよりイベント参加チケットをご購入いただくと、お申し込み完了です。
2.当日までにZoom(無料)のインストールをお願いします。
3.接続先情報はイベント前日までにpeatixの配信URLとお知らせ欄にアップします。
4.イベント開始10分前よりイベント(Zoomミーティング)に入室可能です。
URL(もしくはZoomミーティングIDとパスワード)より、ご参加ください。
5.Zoom内で、登録したいニックネームにご変更ください。

※本イベントは録画させていただきます。参加者の声や顔が映らないように配慮いたします。
イベント中に撮影された写真や映像各種メディアやSNS等に使用される可能性がございますことをご了承ください。

 

②YouTube Live配信視聴の方
接続先情報はイベント前日までにpeatixの配信URLとお知らせ欄にアップします。
15時より視聴可能です。

 

③リアル会場参加の方
※リアル会場での参加人数は枚数限定です!
会場名:Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ
住所:東京都港区麻布台2丁目2-12 三貴ビル2階
アクセス:https://tomosu-lab.com/access-2/

ハッシュタグ #アフツアオンライン でイベント情報をツイートします!!!!
是非 @genba_africa 宛に#アフツアオンライン つかってください★
————————————————————————-

 

ご購入はPeatixイベントページより⇒

 

 

 

 

▶登壇者プロフィール

 

甲斐信好氏(拓殖大学国際学部教授)

1958年福岡県生まれ。一橋大学社会学部卒。東京工業大学大学院(博士)。
松下政経塾3期生。政策集団・自由社会フォーラムを経て、1988年より政経塾スタッフ
(研修主担当、京都政経塾塾頭、広報主担当など)
2000年より拓殖大学国際開発研究所研究員、2008年より国際学部教授、2019年より学部長へ。

 

大津司郎氏(アフリカ紛争問題ジャーナリスト)

1948年東京生まれ。アフリカ紛争問題ジャーナリスト。
アフリカ50年以上(現地往復180回)。ソマリア、南スーダン、
コンゴ、ルワンダ、アンゴラ、イラクなど紛争地取材、日本のメディア(テレビ他)でレポート多数。

1970年、船でアフリカ渡航以来、サハラ干ばつ救援委員会設立、現地渡航(ナイジェリア、チャド)、青年海外協力隊(タンザニア)、アフリカ関連テレビ番組コーディネーター、アフリカ・ツアーガイドなど180回ほどアフリカを往復現在に至る。

 

<大津司郎>
Twitter(@Jroad511

Instagram(@shiro_otsu

大津司郎 個人HP

 

 

※(写真)前回2020/10/25イベント開催時

 

 

▶『現場へ行こう』アフリカスタディツアーについて

拓殖大学国際学部教授<甲斐信好氏>とアフリカ紛争問題ジャーナリスト<大津司郎氏>は、
現地、現場にこそ全てがあると信じて、2005年以降今日までタンザニアやケニア、
そしてルワンダとアフリカスタディツアーを行ってきました。

主な訪問場所はーー
難民キャンプ、元少年兵/大人兵士リハビリ施設、学校、
虐殺関連施設、スラム、ストリートチルドレン、
エイズ患者やレイプ被害女性病院等々。

アフリカの今、問題の背景を探り、また現地の人々との出会いを求めて大学生、
社会人を中心にアフリカを旅してきました。

今回トークイベントでは、その中で『難民キャンプ』にフォーカスします。

 

 

★【再募集中】ウガンダツアー2021
<アフリカ紛争問題ジャーナリスト大津司郎と行く>難民キャンプ訪問

 

 

 

▶チケットご購入はこちら

ご購入はPeatixイベントページより⇒

 

 

 

 

▶注意事項

・Zoom参加チケットをご購入の方はウェブアプリZOOMを使用します。
・スマホ・PCから利用可能です。事前のインストールをお願いいたします。
ZOOMアプリは定期的にセキュリティ強化が行われます。最新版のものをご利用くださいませ。
・Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良いところでご参加くださいませ。
・視聴にかかる通信費はお客様ご負担となります。
・登壇者によっては予期せずネット環境が乱れる可能性があります。
また機材や通信環境等の理由で中断・終了させていただく場合がございます。予めご了承くださいませ。
・途中入退室可能です。
・予めご参加者の方々のマイクはミュートにさせていただきます。ビデオは任意でご利用くださいませ。
なお、イベント終盤に登壇者の方への拍手や御礼等で、ビデオオンやミュートオンのお声がけさせていだく場合があります。
・動画での撮影および他での公開はご遠慮ください。写真撮影およびSNS等への掲載は大歓迎でございます。ただし、その際に他のご参加者の方が映らないようご配慮ください。
・本イベントを使用した宣伝や広告はお断りいたします。